Hiromi Voice

声で人を豊かにする、をビジョンに掲げるナレーターひろみの日記

マタニティフォト

f:id:aoioilove:20200111151745j:plain


みなさんこんにちは、ひろみです。

今日は1月11日。令和2年最初の満月だそうです。満月といえば、昔から赤ちゃんが産まれやすいんだとか・・・!私の友人も2ヶ月前に出産しましたが、予定日を過ぎてやきもきしていた満月の深夜、破水したそうで。なんだか私もそわそわしてしまいます。

さて。今日は普通の日記。笑 ご興味のある方はお読みくださいませ〜。

昨日私は夫と共にマタニティフォトの撮影に行きました。

「別に撮らなくてもいいかな」と思っていたのですが、「もうこの姿になることは最初で最後かもしれない」と思ったらとても惜しくなって、滑り込み?で行ってきました。

訪れたのはミチュール

mitulle.com

という月島にある写真館。ママ友さんからのご紹介でコスパが良さそうなのと明るい雰囲気が気に入って行ってきました。

朝一だったので、私も夫も顔がむくんでいたのは少々心残りですが笑、サクサクと5パターンほど楽しく撮影していただけました。もしここで撮る予定がある妊婦さんのために少しアドバイスがあるとしたら、

  • ヘアセットはありますがメイクはないので自宅できちっとしていく&化粧道具を持参する
  • 夫のヘアセットはなし
  • 妊婦さんの衣装は1着無料貸し出し、旦那さんは1000円/着
  • 希望のカットがあれば積極的に伝える
  • 本店は急な階段があるので要注意
  • 平日は比較的空いているのでオススメ

といったところでしょうか。とても良い記念になりました。スタッフのみなさま、ありがとうございました!

帰宅してデータ(50カット無料でもらえます)を眺めていたら、「あぁ、やっぱり撮って良かったな」と思いました。やっぱりプロに撮ってもらう写真って、どんなに性能の良いカメラでもかなわないなと思います。カメラマンによっても雰囲気全然違うから不思議ですよね。

と同時に、写真を眺めていたら、走馬灯のようにここ数年の写真がフラッシュバックして、付き合って結婚して遠距離になって妊娠して今に至るまで、いろんな私を支えて信じて愛してくれた夫への感謝の気持ちが芽生えました。また、妊娠してからつわりと言う初めての経験を通し、お産を目前にし、私自身の心持ちや人への接し方、考え方が変わってきました。お腹の中の赤ちゃんにも感謝だなぁと思ったのです。

彼らに私ができること。まずは自分を大切にして笑顔でいること。帰ってきたくなる空間を提供すること。元気と癒しを与えること。甘えて甘えられること。ユニークなおばあちゃんになること・・・。

マタニティフォトという非日常なことを経験したおかげで、大切な人を改めて大切に思える時間にもなりました。

これからまた余裕がなくなったらイライラすることもあるでしょうが、そのときは「あのときこう思っていたのだよ」と自分に伝えてあげられるようにここに記したいと思います。

それでは、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。また次回、お会いしましょう!