Hiromi Voice

声で人を豊かにする、をビジョンに掲げるナレーターひろみの日記

in the long run(長い目で見れば)

f:id:aoioilove:20210124132958j:plain

 

突然決まった引っ越し。蓋を開けてみたらラッキー続き

昨年末に引越した私たち。事情があって急遽決まった引っ越しでした。

 

育児のことを考えて、つわりの中息絶え絶えになりながら引っ越したお家はたった1年3ヶ月しか住まず。正直「またか...」とため息が漏れそうになったけれども、ここは1日も早く動いた方がいい!と私の直感が働き、引っ越しを決意した3週間後には本契約を結んでいました。

 

何も縁もないこの土地に決めたのも直感。様々な制約をクリアしている物件であり、空気感が好きだった。予算内でこれ以上の住まいは見つからないだろうと即決でした。

 

内覧時は雨だったのでバルコニーからの景色はまずまずと言った感じ。最寄駅は遠いから週1で都内へ出る私は自転車がマストだな、スーパーは歩いていける距離だから問題なし。保育園もバスがあれば大丈夫...などと想像しながら荷造りをしていざ引っ越した日は季節違いの暖かさと雲ひとつない快晴。

 

当時9ヶ月の息子を連れての引っ越しだったのでそれだけでもありがたいな、と思いつついざ改めて物件へ足を踏み入れるとそこにはなんと大きな富士山が描かれているではないですか!そう。雨で見えなかった景色の先にはかの富士山が凛と佇んでいたのでした。

 

また、最寄駅をよくよく調べてみると都内へのアクセスの良さが抜群。乗り換えなしで様々な主要エリアへ行けることが分かりました。保育園は地味に遠かったけど、バス停までの距離は程よいし、予定より早めに車を買えたのでこちらも問題なし。そもそも入れただけで相当ラッキー。

 

車を手にすることでさらに県外の魅力的な地域へのアクセスが便利な場所ということが判明。

何も期待していなかっただけに、住めば住むほどラッキーがポロポロと溢れてくる感覚な毎日です。

 

 運が良いとは?

だから夫に言ってみました。「ここにして良かったでしょ?(えっへん)」と。すると

「うん。君は本当に運が良いね」と一言。

「そうなのよ(ドヤ顔)」と返したあと思わず私は夫に聞きました。

「あなたは自分が運が良いと思う?」

 

ポジティブな夫のことだから即答でYESと帰ってくると思いきや、何か渋っている様子。

 

「えーどうしたの?」と答えを催促するように聞くと

「昔みたアニメで言ってたんだ。物事の結果は自分が選んだことが全てだから運が良いとか悪いとか関係ないって」

 

それに対して、

 

「でもそれって、結局どんなことも運が良かったに変えられるものそうでないのも自分ってことでしょう?だって結末なんて死ぬまでわからないんだから」

 

と返す私に「その通り。いや、僕も自分のこと運が良いとは思ってるんだよ。ただその言葉を思い出しただけ」と返答する彼。

すかさず、

「私と結婚できたしね(ニッコリ)」と大きな声でまとめた私なのでした。

 

運が良いと思い込むと好転していく

とまあ、長ったらしく引っ越しの話やら夫との会話やらを書き留めてみましたが、何が言いたいかと言うと、自分が運が良いと思い込むってすごく大事だと思うのです。

 

思っていると、自然と運が良い方向にシフトしていくのだとも感じる今日この頃です

実際、私は運が良いと思います。

 

小学中学時代は辛いことが多かったし、就活は苦戦してやっとの思いでもらった内定先は「国立大学卒がいくようなところじゃない」と言われるし、27歳の年は元旦に婚約者に振られるし、新婚1年目から離婚の危機に陥るし、身体も心も病気になってしんどい思いもしたけども、自分が「運が悪い」と思ったことは一度もありませんでした。

 

就職先では想定外の経験を積むことができたし、人生の価値観を大きく変えることができました。元旦に振られたからこそ今の夫と結婚することができたし、彼と結婚したからこそお互いに人間として成長することができていると思います。心身ともにボロボロになったからこそ自分の中のしこりと向き合い、生き方を見つめ直すきっかけをもらえました。

 

なのでむしろ、全てとは言いませんが各局面で「本当に運が良かった」と思うのです。

そして振り返ってみると、どんどん人生が好転している気がしている今日この頃です。

 

 in the long run (長い目で見れば)

辛い経験や悲しい経験はできればしない方がいい。それは間違いありません。

でも、辛い経験をしたからと言って不幸なわけではないし運が悪いわけでもない。

 

In the long run

 

これは私の好きなイディオム。「長い目で見れば」と訳します。

長い目で見れば、絶対にあの時があって良かったと言える自分になることができる、そう思っています。

 

だから、いつか地の底まで落ちたからといって一度過ちをしたからといって、そこで人生を諦めるのは違うと思うし、誰かが地の底に落ちから一度過ちを犯したからといって、そこで見放したりバッシングしまくるのも違うと思います(庇えと言うことでもないですが)。

 

 今が一番幸せ

我が家はおそらく物理的に今一番しんどい時期かもしれません。少なくとも結婚当時は想像だにしていなかった地域に住んでいるし笑、この先どうなるかも何も保証がありません。

 

でも家族揃って風邪を引きつつも元気だし、息子はすくすく育ってくれているし、それだけでラッキー!ですよね。物に頼らず過ごしていたらいつの間にか「風の時代」になっていて、時代が我々に追いついた感じすらするし(あんまり風の時代のことわかってないけどw)、コロナで外出規制がかかってもほとんどストレスに感じることがありません。(大切な人に会えないのは寂しいですが)小さなことが大きな幸せに感じるので幸福度がますます高くなっています。

 

 人生はプラマイゼロ

人生はプラマイゼロ

 

だと聞いたことがあります。どんな人も幸せと不幸せが同じくらいあって、死ぬ前に振り返ってみるとみんなプラマイゼロになるんだ、と。

 

「ゼロ=何も荒波がない状態」だとしたら最高に幸せですよね。

 

だから結局人生は最高に幸せで終わるんだと思うんです。

 

そう考えただけで人間に産まれて運が良いなと思うし、ピンチが来ると逆に「これは好転する兆しだろうな」とワクワクすらする私。(大ピンチに遭ったらめげちゃうかもしれないけど。。)

そうやって自分自身を鼓舞している節もあります。

 

 笑顔でいたい

最近思うんです、笑顔が素敵な人ほど苦労をしているんだって。歯を食いしばってがんばっているんだって。

だから自分一人が辛いだとか苦しいだとか思っちゃいけないな、って。そして毎日笑っていられる強い人になりたいな、と。

 

もっとしちゃいけないのは、自分ががんばってないとかもっとやらなきゃいけないと思うことですが。絶対絶対責めちゃダメ。そういう人は人一倍がんばってます。

 

だから疲れた時は休めばいいし、いつも太陽のように笑っていなくても大丈夫。這い上がれないほど落ち込む時期があったっていいし、無理に元気になろうとする必要もない。そして何よりその時期一点だけを見つめて落胆する必要は全くない。

 

ジワジワとパワーが湧いてくるのを待っていればいいんです。自分では抗えないこともたくさんあります。「運が良い」という気持ちを頭の片隅に少し置いておくことができれば、必ず好転する瞬間がくると思います。そうやって苦しい時期を乗り越えた人の笑顔が言葉にできない輝きがあるように感じます。

私も年を重ねるごとに、キラキラした笑顔いっぱいの顔になりたいです。

 

 まとめ

...なんだかまとまりのない文章になってしまいました(スミマセン)。Anyway,これからも色んな波が来るだろうけど、

in the long run

精神でやっていきたいなと思うのでした!

 

それでは今日はこの辺で。みなさまくれぐれもご体調にはお気をつけくださいね。

また次回お会いしましょう!さようなら。

 

 

 

 

 

 

 

 

めんどくさい、をどれだけやるかが全て

f:id:aoioilove:20210122135009j:plain


「相手に伝えるということが、こんなにも難しいことだとは思いませんでした」

「難しいと思うなよ。めんどくさいと思えばいい」

昨日の師匠との会話です。

 

週に一度、ナレーションのレッスンを受けて今年で4年目になります。途中お休みした期間があるので丸2年半ほど習っていることになります。

 

もともとナレーションは得意な方だと思っていたし、めんどくさがりやな私にとって自分のメンテナンスさえしておけば、どこに行っても何の道具を持たなくてもできる仕事はとても魅力的でした。災害時にも自分の声さえ出る状態だったら読み聞かせができる(身一つで提供できるスキルがある)し、俳優と違って見られる職業じゃないから必要以上に見た目に気を遣わなくてもいいし、原稿だって暗記する必要はない。人事の仕事のように四六時中会社や社員のことを考えなくてもいいし、プロジェクトごとにメンバーが集まり作品を仕上げ、完成したら「それじゃまた!」と別れられるさっぱり感は人疲れしやすい私にぴったりではないか。そんな不純(?)な動機もあって2年前の今日、個人事業主として開業しました。

 

でもやればやるほど、「何でこんな単純なことができないのだろう」「どうしてこういう声が出せないのだろう」と壁にぶち当たるばかり。気持ちばかりが焦って負のルーブに陥った時期もありました。

 

最近も土台を固めようと初心に戻ってトレーニングしているのですが、どこか甘い自分がいたりして師匠の言う言葉の意味が、本当の意味で理解しきれず心の中で逆ギレしたり。笑

 

でも真剣に聞いて丁寧に鍛錬すると、少し具体的に見えて来るものがあって、そうすると師匠の言う事がスーッと心の中に響いてきて。

 

結局「わからない」のではなく、真剣に向き合いきれていないんですよね。という小学生でもわかるようなことを、31歳の私はひしひしと痛感しているのであります。

 

師匠と出会って2年半。色々なことを教わってきたけどどれも中途半端だったことに気づかされ、ショックを受けたのが昨年で、やっと具体的な景色が見えてきたのが最近。

 

あぁ、なんてバカなんだろう私

と言う思いと、

いやまだここで気がつけて良かったじゃないか

と言う思いが混在しています。

 

そして出てきた言葉が

「(ナレーションが)こんなに難しいと思わなかった」

でした。

それに対して笑いながら、

「難しいんじゃない。めんどくさいんだ」

と返してくれた師匠。

私の中でスーッと溶け込んできました。

 

そうか。めんどくさいんだ。そうだ。めんどくさいんだ!

 

だって、毎日毎日同じことを繰り返すんですよ。「アイウエオ」から始まって、ひたすら「相手に言う」を染み込ませる。身体に馴染んだと思ったらそうでもないことをレッスンのたびに直面する。1歩進んで0.9歩下がって、少しずつしか上達しない。それを永遠に続けるのです。

 

「難しいと捉えると頭でっかちになって身体に力が入ってしまうからね。めんどくせ〜くらいで丁度いいんだよ」

 

師匠の言葉を胸に今日も鍛錬を続ける私です。

 

そんな中、たまたまこんなツイートを見かけました。

 

かの宮崎駿監督も同じようなことを呟いていました。

世の中の大事なことは大抵めんどくさいんだよ

めんどくさいっていう自分との戦いなんだよ

 

 なんだか勇気をもらった私。

 

めんどくせ〜〜〜!!!

と思いつつ、大事なことに向き合っている証拠だと思って、大事に積み重ねて行こうと改めて思いました。

 

仕事は違えど、同じような局面の方もいらっしゃると思います。

仕事だけでなく、恋愛とか結婚生活も同じだと思います。

 

難しいんじゃない。めんどくさいんだ。

愛の言葉を紡ぐのだって、何かを伝えて理解してもらうことだって、大抵は難しくない。めんどくさいんです。そのめんどくさいことをどれだけ丁寧にやるかで、その後の二人は変わってきますよね。

 

それと同じだな〜と思ったのでした。

 

めんどくさい。めんどくさい。

でも、大事なことだから。それが全てだから。

 

ブツブツ言いながら、やっていきましょう。

 

それでは今日はこの辺で。みなさん良い週末をお送りください。

また次回お会いしましょう。さようなら!

 

 

「いいの、いいの」を読んで

f:id:aoioilove:20210120200059j:plain


みなさんこんばんは、ひろみです。

先日、こんなツイートを目にしました。

 

 

 記事を読み、思わずリツイートした私。子供の頃の、切なく苦しい記憶が蘇ってきて胸がキュッとなりました。

 

 

 

小学校時代の苦い記憶

少し暗い話になってしまうのですが、私は小学年生の時にイジメにあいました。理由は当時イジメられていた子を庇ったからでしょうか。転校生だったから変に目立ったのが気に障ったのでしょうか。よくわからないまま、ある日突然シカトが始まり、交換日記に悪口を書かれ、靴に大量の石を入れられました。イジメられていることを親に話せば心配させてしまう、そんな風に考えた私はしばらく学校での出来事を黙ったまま過ごしていました。来る日も来る日もシカトは続き、休み時間に教室でひとりぼっちなのが寂しくて恥ずかしくてトイレにずっとこもる毎日。次第に体調が悪い気がしてきて、保健室に逃げこむようになりました。流石におかしいと気づいた両親が学校に相談しほとぼりは冷めたのですが、あの時の心の苦しさは今でもよく覚えています。

中学時代の辛い思い出

中学時代はシカトや陰口を言われることよりももっと辛いことがありました。厳しい部活動、理不尽な指導、ありとあらゆる学校代表…ここに書ききれないくらいたくさんの業務(中学生なのに!)を任された私は体力的にも精神的にもいっぱいいっぱい。加えて、人一倍真面目で気にしいだったこと、思春期真っ只中だったこともあり、14歳の頃は疲れとストレスがピークに達していました。ただただ何も考えない頭になりたい!バカになりたい!と、帰宅後は部屋で自分の頭をひたすら殴っていた時期があります。でも、

「ここで弱音を吐いたら周りを悲しませてしまう」「失望させたくない」

そんな思いから朝から晩までとにかく走り続けた日々。毎晩、螺旋階段をくるくる回りながら落ちる感覚で眠りに落ち、悪夢にうなされ続けた日々。今振り返るとなぜあんなにがんばってしまったんだろう、と後悔すらします。

30歳を過ぎて気づいたこと

そんな苦しかった学生生活。今だから苦しかったと言えますが、当時は「これも良い経験だ」なんて無理やり良い解釈をしていました。いや、半ば本気でそう思っていたかもしれません。変ですよね、涙はたくさん出ていたのに。頭を殴りすぎた拳はジンジン痛んでいたのに。

でも、そんな無理をしていて、ツケが来ないわけがないんです。そのことに気が付いたのは、30歳。適応障害と診断を受けた私は週に一回カウンセリングを受けることになりました。何回か通う中でおもむろに中学時代の話を始めた私。そこでふと、こう言われたのです。

「お父さんやお母さん、助けてくれなかったんだ?」

言われた時は違和感がありました。

「いや、私が自分の意思で言わなかったんだ。両親は関係ない」

「全然辛くなかったんだ、あの経験が私を強くしてくれたから」

「いや、本当は苦しかったかもしれない」

「あんなことやりたくなかったんだ」

「毎日逃げたかったし、死にたかった」

「誰かに助けて欲しかった…」

助けて欲しかった。何もしなくていいと言って欲しかった。先生や学校に「娘を潰さないでくれ」と言って欲しかった。

ポロポロと、当時の私の本当の声が漏れてきたのです。

自分の心に蓋をしない

冒頭の記事に戻ります。記事は、男の子として生まれたけど中身は女の子のお子さんとその親御さんのエピソードです。一見、LGBTの記事と思う方もいるかもしれませんが、これはこの世の中の子供、いや大人にも当てはまる、大切なテーマだと思います。

最後にこんな記載があります。

「自分らしく生きて幸せになれるよ」
そう伝え続けていきたいです。

自分の心のままに生きて幸せになれるように、精いっぱいのことを、してあげたいと思っています。

自分の心のままに生きること。これがどれだけ尊く難しいことか。

そしてここに蓋をしてしまうことがどれほど恐ろしく悲しいことなのか。

子供は想像以上に外でがんばっている

子供は大人が思っている以上に繊細で、頑張り屋さんで、気遣いができます。「いいよ、いいよ」と言えてしまう彼女。その言葉が出るまでにどれほどの苦悩があったのか。周りの大人はそれを想像しなくてはいけません。一番身近な大人は親なので、何か違和感に気づいた時、抱きしめて話を聞いて守ってあげる。違和感に気づくには毎日観察することが必要だし、話を聴くには日頃から信頼関係を構築する必要があります。守ってあげるには自分がしっかり軸をもって生きていなければいけないし、一人で戦わず協力してくれる仲間を理解者を集め、頼る力も必要です。全てを完璧にはできなくても、そういった努力は最大限やっていきたいと強く思いました。

息子に伝えたいこと

また、息子が同じような立場になったら私はどんなことがしてあげられるのかな、と想像しながら何回も読み直しました。

・戦うだけでなく、うまく交わすことも有効なこと
・世界は思っている以上にいろんな人がいていろんな仕事があって回っていること
・感謝の気持ちを忘れずに努力すれば必ず幸せになれること
・そのままのあなたを愛してくれる人は親以外に必ずいること
・大人になるまではお母さんが守るからねと思っていること
・苦しい思いまでして頑張る必要はないし価値もないこと

などなど、伝えたいことはたくさんあります。 

完璧な親などいない。だからこそ...

でも、私も完璧な親ではないので、きっと息子の心の中を100%理解することはできないし、適切なタイミングで適切な言葉で伝えたいことを伝えられることもできないでしょう。かつて私が親に抱いていた「助けて欲しかったんだよ」と言われる日もあるかもしれません。

だからこそ、大人が、社会が、一人一人が、

「自分らしく生きて幸せになれるよ」
そう伝え続けていきたいです。

自分の心のままに生きて幸せになれるように、精いっぱいのことを、してあげたいと思っています。

このような価値観を念頭に生きていくことが大切なのだと思います。

 冒頭に引用させていただいた、シオリーヌさんの言葉のように、

子どもたちがその子らしいままで、安心して暮らせる社会を作らないといけない

そう思います。

 

みなさんはこの記事を読んでどのように思われましたか?

みなさんが、みなさんのご家族やお子さんが、笑顔いっぱいで毎日過ごせることを願っています!

それではまた次回お会いしましょう。さようなら! 

 

 

あこがれのいい女

f:id:aoioilove:20210120155913j:plain

みなさんこんにちは、ひろみです。

先日私は「いい女はこんな風に振る舞うよ」的な本を読みました。(正確に言えば読もうとしました)

その本は「話し方」について言及もしていたので、話すこと伝えることを生業としている私にとって何かヒントがあるかもしれないと思ったので手に取ったのです。が、途中で読むのを諦めてしまいました。

 

というのも、「いい女は相手に話を合わせる」だとか「男性にかわいいと言ってはいけない」だとか「声は艶っぽく」だとかが書いてあって、「うーん...うーん、そんな女と話してて何が楽しいんだろう。。。そういうことではないんじゃないか。。。」と突っ込みたいことがどんどん募ってしまい、疑問符が頭の中を埋め尽くしてしまった私。

 

そんな上っ面だけで「いい女」だの「残念な女」だの決められたくないよ〜。と。 (もちろん、大人の事情でそのような書き方になった部分もあると思いますし、全てが全て「??」だったわけではなかったのですが...!)

  

それで、私なりに「いい女」について考えてみたんです。

 

だって私も可能な限りいい女でいたいですから。夫には永遠にモテたいし、息子にだってママイケてるね!って言われたいし、家庭にいい女がいたらテンション上がるじゃないですか。仕事だっていい女とした方が楽しいでしょう?

 

私の頭の中に浮かぶいい女はお世話になっている美容師さん。

 

彼女は30歳で独立し、今は表参道にお店を構えカリスマ美容師として活躍されています。それだけ聞くとあたかも成功者っぽいですが、小さい頃の悲しい経験を乗り越えたからこそ今があるんだとか。それが結果好機となり彼女に力を与えたばかりか、秘めていた才能やガッツを与えたそうなんです。

 

実は今日たまたま聞いた話でしたが、「だからこんなに肝が据わってて堂々としているんだな」「だからこんなに誠実で素敵なんだな」と、とても腑に落ちた瞬間でした。

 

また、昔こんな話をしたことがありますが、

 

anchor.fm

 

エピソードに出てくる彼女も夢があって行動力があって、考え方が前向きで今思い出してもかっこよく笑顔が素敵でした。

 

彼女らに共通していることは、

ピンチに動じない

→過去に苦難を乗り越えているのでそれが確固たる自信になっている

 

若々しい

→夢に向かって努力しているから生き生きして見える

 

会話が楽しい

→常に学んでいる(挑戦している)ので話のネタが尽きないし、様々な経験を経ているので業界業種が違えども見える世界があってだからこそ共感してくれたり拡げてくれる

 

 

逆に共通していないことは、

容姿
話し方
声のトーン
服のセンス
アクセサリーなどの趣味などなど....たくさん!!

 

つまり何が言いたいかというと、いい女とはその人の考え方や振る舞い、生き様であって、話し方とか表情とかそういうレベルの話ではないということです。

  

もちろん話し方も表情も言葉のチョイスも大事です。

 

でもやることやって前向いて誠実に努力して生きてきた人は、自然とその人の個性が惨め出た素敵な話し方になるし、言葉も然り、表情も然りです。何より笑顔が輝いて見えますよね。

  

だからどんなに高い美容液を塗りたくったって、マニュアル本を読んだって、声を高く甘く出してみたって、綺麗な洋服を着てたってそんなの全然いい女でもなんでもない。It's just a pretender!!

  

先に述べた美容師さんもそうなのですが、いい女と一緒にいると良いエネルギーをもらえて気持ちが晴れ晴れとします。そしてオーラがカッコいいから少しドキドキもするのです(敢えてのお伝えですが私はストレートです)。

 

彼女のようになるにはまだまだ精進が足りない私。

 

今日久しぶりに彼女にあって、心新たに決意したのでした。

 

いい女になろう!

とね。

 

みなさんにとって「いい女」はどんな人でしょうか?

 

それではまた、次回お会いしましょう♪

さようなら〜!

本日のお弁当ランチと地味飯 ~My favorite lunch box and dinner~

f:id:aoioilove:20210119205942j:image

 

みなさんこんばんは、ひろみです。

 

今日初めてスマホから書いています。今更ながらはてなブログのアプリをインストールしたのです(遅ッ)。文章を書くときはPCが好きなのですが、思った時に綴るスピーディさはスマホが優るということで今更ながらアプリをポチ。やっぱり楽ですね笑 全然関係ないけど、この「笑」ってもう古いんでしょうか?「w」だったり「草」だったりの時代なんだろうなと思いつつ、若干いや結構抵抗があって今でも「笑」を使っています。アメリカでは「lol」だったけど(少なくとも私が留学していた2016年初めまでは)言葉は生き物、やっぱり日本と同じように移り変わっているのでしょうか?

 

さてさて、今日はお昼に食べたお弁当(自作)と夕飯の記録ブログです。

 

もともと作るのは好きで(家族のためなら)、これまでInstagramやnoteなどでちょくちょく載せていたけど、写真が得意でない私にとってインスタは不向きで、noteはちょっとカラーが違うかなと思い、日頃ありとあらゆることを書いているはてなブログに戻ってまいりました。

 

前置きが長くなったところで本題です。

 

今日は冷蔵庫の残り物でお弁当🍙私お弁当大好きなんです。入れ物が違うだけで、卵焼きが入るだけで、なんだかワクワクしませんか?

 

f:id:aoioilove:20210119204959j:image

 

おかずはこちら💁‍♀️

・ネギ入り卵焼き

・鶏モモステーキ

かき揚げケチャップ炒め

・梅干しおにぎり(夫には昆布)

ブロッコリー

 

かき揚げは先日作った残りがあったので、ケチャップで軽く炒めただけ。これ、小さい頃母がよく作ってくれたんです。揚げたてのサクサク熱々はもう甦らないけど、ケチャップで炒めるとまた別の旨味が出て最高!チープだけどお弁当のおかずにもってこいな味です。かき揚げだけでなくトンカツもおすすめ。

 

夜はこちら💁‍♀️

 

f:id:aoioilove:20210119204954j:image

 

写真にメニュー書いてあるので割愛します。レンコンは煮物にするのが一番好きです♡

 

茅乃舎の出汁が本当に美味しいので味付けは最後に醤油と酒を少し入れて落とし蓋をするだけ!

(人参1本・大根半分・レンコン15センチくらい・水500ccくらいに対して1パック入れました)

 

 

 こんにゃくはこんにゃく粉よりもこんにゃく芋からできたものの方がお肌に良いと聞いてから毎度奮発して買ってます。味もこっちの方が美味しい気がする。

 

流石に毎日こんなに作らないけど、週に一回頑張れば、副菜もお味噌汁も冷蔵庫で3日くらい持つので今日はがんばった日でした。

 

なんだかんだ自分の作る料理が一番ホッとします。笑

 

明日はとっても冷え込むようなので、風邪を引かぬようお気をつけくださいね。

 

それではまた次回お会いしましょう♪さようなら。

 

物事の良い面を見る ~ Looking on the bright side of what you are facing ~

f:id:aoioilove:20210119103031j:plain


みなさんこんにちは、ひろみです。遅ればせながらあけましておめでとうございます(遅すぎ)!今年もどうぞよろしくお願いします。

 

さて!唐突ですが2021年の私の抱負は「物事の良い面を見る」こと。

きっかけは年末に度々乳腺炎を繰り返しほとほと疲れ切っていた時に助産師さんに言われた言葉でした。

乳腺炎になっても、何も学ばずにいたらもったいないわよ。何か学んで終わる!って大事よね」

その時は、

「ええ〜ん。そんなこと言われても今は受け止める余裕ないよ〜。痛いしだるいし本当に痛い。。。食べ物だって自由に食べられないし、元気が出ない。。前向きな言葉も時には重いなあ...」

なんてことを思ってしまった私。

 

でも帰宅中思ったんです。本当にそうだな、と。

 

何事にも光と影があるのなら、一長一短あるのなら、良い面悪い面があるのなら、できる限り明るい面を見た方が絶対に良い

 

自分に起こったこともそうだし、周りの声だってそうです。私のことを大嫌いな人がいるのならば必ず大好きな人がいる。大好きな人たちの方を向いて生きていった方が絶対に良い。(耳の痛いことを言ってくれる人も含む)

 

そんな時、こんな投稿を見て思ったことがあります。

(これは英語学習のためフォローしているアカウントです。イディオムだけでなく著名人の素敵な発言がタメになるのでおすすめです☺️)

 

www.instagram.com

 

...he was redefining failure for me, and so, failure became not about the outcome but about "not trying".

(失敗は、結果ではなく挑戦しないことだと失敗の再定義をしてくれた)

 素晴らしい親ですよね!私もこんな親になりたいものです。

 

”失敗は目先の結果ではなく、挑戦しないこと”

とありますが、もっと言えばそこから何も学ばないことなんだと思いました。

 

だとすれば、目の前に何か不快な不安な怖いような事象があるのならばそれはきっと前に進んでいる証拠だし、そこから何を持って帰るか(学ぶか)を試されているのではないかと思うんです。

 

それに解釈は自分で好き勝手にできますよね。

 

例えば好きな人に告白して振られた時に、「私はブスだし明るくないから振られたんだ」「私のよさがわからないなんて最低な男だ」と思うのか、「彼よりもっと良い人に出会えるよってことなんだろう」「魅力的に思ってもらえるように自分磨きをしてみよう」「振られる人の気持ちってこんなに切ないんだ。わかってよかった」などと思うかは自分次第。

 

もちろん、落ち込むことがあったらとことん落ち込んだらいいと思います。振られてもうこの世の終わりだ〜!!ってなるもの良い経験だし、仕事や家庭内のことで思い悩み地の底まで暗くなる時期だってあると思います。

 

でも。

 

一通り落ち込んだらくるりと前を向いて上を向いて明るい解釈を与えることは何より大切だし、

それが物事を前に前に進めてくれる一番の原動力だと思います。

 

第一、自分がそれをしなければ誰もしてくれないもんね!

 

以前こんな記事を書きましたが、

 

aoioi-love.hatenablog.com

 

結局、本当に意味で自分を励ましてあげられるのは自分だけ。だからこそ、物事の良い面を見るって、それを癖にするってすごく大事だと思うのです。

 

私はついつい、ブルーに入ってしまうことがあるので、今年は敢えて目標にしてみようと思いました!

 

みなさんは2021年、どんな目標を立てましたか?(特段立てなくても良いと思いますが...全員に共通しているのは「健康」ですね。お互い気をつけつつ免疫力をつけて過ごしましょう!)

 

ということで、今年は去年よりもうんと沢山物事の良い面を見て努力していく所存です(固い)。こんな私ですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

みなさんにとって、笑顔が多い年になりますように!

 

それではまた次回お会いしましょう♡さようなら。