Hiromi Voice

声で人を豊かにする、をビジョンに掲げるナレーターひろみの日記

あこがれのいい女

f:id:aoioilove:20210120155913j:plain

みなさんこんにちは、ひろみです。

先日私は「いい女はこんな風に振る舞うよ」的な本を読みました。(正確に言えば読もうとしました)

その本は「話し方」について言及もしていたので、話すこと伝えることを生業としている私にとって何かヒントがあるかもしれないと思ったので手に取ったのです。が、途中で読むのを諦めてしまいました。

 

というのも、「いい女は相手に話を合わせる」だとか「男性にかわいいと言ってはいけない」だとか「声は艶っぽく」だとかが書いてあって、「うーん...うーん、そんな女と話してて何が楽しいんだろう。。。そういうことではないんじゃないか。。。」と突っ込みたいことがどんどん募ってしまい、疑問符が頭の中を埋め尽くしてしまった私。

 

そんな上っ面だけで「いい女」だの「残念な女」だの決められたくないよ〜。と。 (もちろん、大人の事情でそのような書き方になった部分もあると思いますし、全てが全て「??」だったわけではなかったのですが...!)

  

それで、私なりに「いい女」について考えてみたんです。

 

だって私も可能な限りいい女でいたいですから。夫には永遠にモテたいし、息子にだってママイケてるね!って言われたいし、家庭にいい女がいたらテンション上がるじゃないですか。仕事だっていい女とした方が楽しいでしょう?

 

私の頭の中に浮かぶいい女はお世話になっている美容師さん。

 

彼女は30歳で独立し、今は表参道にお店を構えカリスマ美容師として活躍されています。それだけ聞くとあたかも成功者っぽいですが、小さい頃の悲しい経験を乗り越えたからこそ今があるんだとか。それが結果好機となり彼女に力を与えたばかりか、秘めていた才能やガッツを与えたそうなんです。

 

実は今日たまたま聞いた話でしたが、「だからこんなに肝が据わってて堂々としているんだな」「だからこんなに誠実で素敵なんだな」と、とても腑に落ちた瞬間でした。

 

また、昔こんな話をしたことがありますが、

 

anchor.fm

 

エピソードに出てくる彼女も夢があって行動力があって、考え方が前向きで今思い出してもかっこよく笑顔が素敵でした。

 

彼女らに共通していることは、

ピンチに動じない

→過去に苦難を乗り越えているのでそれが確固たる自信になっている

 

若々しい

→夢に向かって努力しているから生き生きして見える

 

会話が楽しい

→常に学んでいる(挑戦している)ので話のネタが尽きないし、様々な経験を経ているので業界業種が違えども見える世界があってだからこそ共感してくれたり拡げてくれる

 

 

逆に共通していないことは、

容姿
話し方
声のトーン
服のセンス
アクセサリーなどの趣味などなど....たくさん!!

 

つまり何が言いたいかというと、いい女とはその人の考え方や振る舞い、生き様であって、話し方とか表情とかそういうレベルの話ではないということです。

  

もちろん話し方も表情も言葉のチョイスも大事です。

 

でもやることやって前向いて誠実に努力して生きてきた人は、自然とその人の個性が惨め出た素敵な話し方になるし、言葉も然り、表情も然りです。何より笑顔が輝いて見えますよね。

  

だからどんなに高い美容液を塗りたくったって、マニュアル本を読んだって、声を高く甘く出してみたって、綺麗な洋服を着てたってそんなの全然いい女でもなんでもない。It's just a pretender!!

  

先に述べた美容師さんもそうなのですが、いい女と一緒にいると良いエネルギーをもらえて気持ちが晴れ晴れとします。そしてオーラがカッコいいから少しドキドキもするのです(敢えてのお伝えですが私はストレートです)。

 

彼女のようになるにはまだまだ精進が足りない私。

 

今日久しぶりに彼女にあって、心新たに決意したのでした。

 

いい女になろう!

とね。

 

みなさんにとって「いい女」はどんな人でしょうか?

 

それではまた、次回お会いしましょう♪

さようなら〜!