Hiromi Voice

声で人を豊かにする、をビジョンに掲げるナレーターひろみの日記

美容のお話#1〜お肌のお手入れ【洗顔編】〜

お肌の手入れ方法をツイッターでシェアしたら意外なところから反響をいただいたのでブログでも書いてみようかな、と思いPCを立ち上げました。

と言うのも私、曲がりなりにも3年間美容系の会社に務めておりまして、エステティシャンとして色々学ばせていただき(研修制度が素晴らしい会社でした)、おかげさまで美意識はグンっと上がりました!

と言ってもその道のプロフェッショナルではないので、ここでは当時学んだことや日頃取り入れて実際に効果のあったお話をしたいと思います。

第1回目の本日は、『お肌のお手入れ方法』について。

肌が綺麗な人ってそれだけで美しく見えますよね。かつ歯も綺麗で笑顔だったらもうぱっと見みんな美しく見えるんじゃないかなーと思います。

肌については、色々難しいことは調べれば書いてあるので割愛。

私個人的には

  • 洗顔
  • 保湿
  • 腸内環境
  • 寝具

が全てだと思っています。この3つを意識するようになってからは肌の大きなトラブルが本当にありません。

中学生は顔を洗うだけで真っ赤になるいわゆる赤ら顔でしたし、高校生の時も定期的に鼻の下に大きなニキビ。思春期だがら仕方ないのかもしれませんが、大きくなっても25歳くらいまではあご周りのニキビに悩まされ(酷い時は首にまで涙)、アメリカ滞在中は化粧品が合わなかったのか顔中に赤い細かいぷつぷつができる始末。年がら年中、鼻周りの毛穴には悩まされました。

まだ完全に全てクリアしたわけではないけれど、試行錯誤した結果今は仕事が忙しくてもさほど揺るがない肌になってきたと自負しています。

その秘訣が上記4つ!今日は『洗顔』にフォーカスします!

ズバリポイントは5つ。

  1. 手を綺麗に洗う
  2. ぬるま湯で洗う
  3. 落としきれない分だけ洗顔料を使う
  4. 2分以上時間をかけない
  5. 絶対ゴシゴシしない

ポイントは1ですかね。これは毛穴に相当悩んでいた時に、何かの記事を読んだ記憶が・・

“あなたの手はそもそも綺麗ですか”

的なことが書いてあったのです。正直、気にしたこともなかった。。。洗顔と一緒に落ちるからあまり気にしてなかった・・と言うのが心の声でした。

しかし!

お肌って、思っている以上に繊細で素直。丁

丁寧に

清潔に

優しく

接するだけですぐに応えてくれます。逆に言えばしないとあれれれ〜と言うくらい簡単にゆるいでしまいます。

そう言う意味では、2と3もお肌のことを思っているんですよね。

余計な負担はかけない

と言う意味で。ぬるま湯で落ちる程度のモノにわざわざ洗剤を使う必要はありません。落とせるだけ落とし、お湯では落ち切らない汚れは他の力を頼りましょう。

そして4と5。これ私もつい2年くらい前までやってしまっていたのですが、一生懸命洗えば洗うほど汚れがいっぱい落ちるような気がして、時間をたくさんかけていました。

でもこれって逆効果涙。肌には負担にしかならず、また良い皮脂も落としてしまい乾燥肌に、もしくは失った皮脂をカバーするために皮脂が出やすくなってオイリー肌を促進させてしまいます。

なので、絶対に2分以内でクレンジン〜洗顔は終える。絶対にゴシゴシしない。ゴシゴシしたくなる気持ちはわかりますが、場合によってはシミの原因になることもあるので注意しましょう。

一切お金はかかりません!でもやり方を変えるだけで見違えるほど肌が艶やかになりますよ。

数年前は化粧崩れが怖くて怖くて夕方にはそわそわしていたのに、こんなにも肌質って変わるんだなぁと自分でもびっくりします!

次回は『保湿』についてお話します!それでは、また^^